おじいちゃん、おばあちゃん、お父さんやお母さんに、いつもは言えない感謝と尊敬の気持ちを敬老の日に合わせて贈りませんか?



毎年、何を贈ったら良いのか迷っている方、今年初めて「敬老の日」に贈り物やサプライズを考えている方、そんな方々にお花はもちろんファッションアイテム、グルメやスイーツ、お酒、デジカメやシェーバーなど、贈って喜ばれる品々をご紹介しています。





敬老の日≫豆知識



◆敬老の日の由来

現在の敬老の日の由来は、1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の八千代町)の村長が提唱した「としよりの日」が始まりとされているようです。



その当時、野間谷村では「お年寄りを大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という主旨のもと、1947年から農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開くようにしたのです。

これが1950年からは兵庫県全体で行われるようになりなりました。



そして、1954年には国民の祝日として制定され、全国で祝うようになりましたが、しかし、「としより」という呼び方に多くの高齢者の方達が抵抗を感じられているようなので、各方面から異議が起こり、「老人の日」にいったん改名されました。



◆祝日「敬老の日」

やがて「国民の祝日法」が改正されることとなった1966年に「建国記念の日」「体育の日」と共に国民の祝日と制定された際に、現在の「敬老の日」と名称が改められ、敬老の日には、全国地域で「高齢者をいたわり励ます行事や、高齢者に対し周囲の人たちの『敬老』に感謝する行事が行われています。



また、各ご家庭でも父母、祖父母の長寿をお祝いされているようです。





尚、敬老の日は、元々は9月15日でしたが、2001年の祝日法改正、いわゆるハッピーマンデー制度の適用によって、2003年からは9月第3月曜日となりました。





余談

起源としての諸説には、聖徳太子が現在の大阪市に悲田院(ひでんいん)という身よりのない老人や病人、貧しい人たち救うための施設を開いた日にちなんで制定されたという説や、もしくは元正天皇が717年に年号を「養老」とし、養老の滝に御幸した日、または高齢者に贈り物をした日であるという説もあります。





商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。