日本のお正月と言えば「おせち」は欠かせません。 正月には「おせち」と共に!





◆おせちは予約・早割がお得のショッピング◆



美味しい「おせち」に美味しいお酒もご一緒にいかがでしょう。





◆「おせち」に美味しいお酒はいかが◆





お正月の行事について



◆おせち料理の由来



おせちとはお節句(せっく)からきた言葉です。



本来はお正月だけでなく、正月七日の人日(じんじつ)、三月三日の上巳(じょうし)、五月五日の端午、七月七日の七夕(しちせき)九月九日の重陽(ちょうよう)の五節句などの式日に用いる料理の事でした。



しかし、今日では正月料理だけが「おせち」と呼ばれています。



正月におせち料理が普及した理由の一つには、おせち料理があるあいだは主婦も台所仕事から解放されて休養できるという意味合いがあったと言われています。





◆お屠蘇(とそ)の由来



お屠蘇とは、元旦から三が日の間に飲む薬酒の事で、元旦にこれを飲めば、一年の邪気を払い寿命を延ばすと言う中国の伝説に基づき不老長寿を祈る新年の祝い酒として出されるものです。



お屠蘇は曽我天皇の頃(9世紀のはじめ)に、中国から伝わったと言われ、山椒、防風、白朮(びゃくじゅつ)、桔梗、細辛(さいしん)、乾姜(かんきょう)、肉桂(にくけい)、などの薬種を調合して絹の袋に入れて、酒またはみりんに浸して作ります。



屠蘇酒とは、文字どうり、鬼気、悪魔を屠(ほふ)リ、人魂を蘇らせる酒という意味です。





◆雑煮の由来



雑煮とは、餅を野菜、、魚介類、鶏肉などと煮る吸物で、正月三が日これを食べて新年を祝います。



これは、年越しの夜に神を迎えて行った祭りの直会(なおらい)として、神事に携わった人々が、神に供えた飲食物を分かち食べた儀式から変化してきたものと言われています。





お気に入った「おせち」が見つかりましたか。

「価格の安い順」で並び替えてみると激安に巡り会えるかもしれませんよ。



早いもん勝ちですよ!



・トップへ戻る



・暮らしの便利帳★お役立ち商品特集トップページへ戻る





商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。